技術さえあれば活躍できる

エンジニアには、職種に応じて求められている技術が違うのでまずどのような分野のエンジニアになるのかを決定した上で、自分が手に入れる必要があるスキルを調べていかなければならない。エンジニアの仕事は基本的に性別や年齢を不問にしているため、女性や高齢者でも就職することは可能だが、企業によっては即戦力の人材を求めているところもあるので、その場合は経験者が優遇されることになる。そのため、事前に専門学校に通って知識と技術を身につけたり、関連資格を取得しておくと役に立つことになる。この仕事は、男女問わず年収を400万円以上得ることができる職業であるため、家族を養う必要がある人も不安を感じることはないのが特徴だ。

さらに、出世をしていくことにより1000万円を超える収入を獲得できる可能性もあるため、技術の向上と共に給与面も充実を図ることも出来る。また、この仕事はフリーランスの形態で業務を請け負う人もいるが、この場合収入の開きが大きい。焦点は継続的に仕事をもらえるかどうかで、継続して仕事をもらえると、会社勤めと変わらない400万以上の年収を得ることが出来る。一方で、仕事を受けられない人は月額収入が10万円に満たないこともあり、生活を維持できる年収を獲得できない。フリーランスで高い年収を得るためには得意先のクライアントをつくったり、プロジェクト案件を勝ち取るための人脈の構築やプレゼンテーション能力の向上につとめていくことが必要になるだろう。

Leave a Reply